医学部受験を考えている小学生

オリジナル見出し01

私は現在、耳鼻咽喉科で働いているのですが、先日、小学校6年生の子供たちを対象にした職業体験プログラムが実施されて、私の職場の病院にも、将来お医者さんになりたいと思っていて、医学部受験を考えているという小学校6年生4人が、職業体験に来られました。

職業体験の際に、医学部受験を考えているという小学生の子供たちと話をする時間があり、お医者さんになりたいと思ったきっかけを尋ねてみると、4人中の2人が、両親や親戚がお医者さんなので、家を継ぎたいと小さな頃から思っていて、医学部の受験を考えていると言っていました。
残りの二人については、小さな頃から体が弱くて、病院に行く機会も多くて、お医者さんに診察してもらって、薬をもらって治してもらったので、自分もお世話になったお医者さんのような医師に将来なりたいと思い始めて、医学部を受験したいと考えるようになったと言っていました。

お医者さんになりたいと思って、医学部の受験をしようと考え始めた年齢は、10歳頃だと答えた小学生が多かったので、小さな頃から自分の意志や希望を明確にしていて、すごいことだと感じました。

私の職場に職業体験に来た小学生の子供さん方は、公立の小学校に通っている子供さんたちでしたが、将来、医学部の受験を考えているので、中学校は私立の進学校に進学を考えているとのことで、今年の1月下旬から2月に、私立中学校の受験を控えているとのことでした。
私立中学校に進学することは、将来、大学受験の際に医学部に進むための第一歩となります。
医学部に行くにはお金が掛かると昔から言われていますが、大学だけのことではなくて、それまでに私立中学校や私立高校に通う学費だったり、学校以外でも進学塾や家庭教師などの習い事をしている子供たちが多いので、そういった学費に大きな金額が掛かります。医学部を受験して、お医者さんになるためには、お金もかかりますし、強い精神力が必要になります。

日本でも年々日本語以外の言語が求められるようになっています。その第二言語としてもっとも有力であるのはやはり英語となります。英語は今や世界の共通言語と言っても過言ではないのです。このような環境において、英語での会話、すなわち英会話は今後学業やビジネスにおいて必要不可欠なコミュニケーションツールとなるのです。

既に経済は自国のみで完結できる時代は終了し、現在は様々な国の経済事情に影響を受けながら成り立っているのです。

すでに日本には多くの外資系企業が参入してきており、逆に日本企業も海外へ進出しています。このような状況にあって英会話は必須のスキルであり、また英会話ができることは異文化でのコミュニケーションをサポートします。
したがい、このような事情からここ数年は英語を学ぶ人口が非常の増えています。

そして英会話については最近、従来のスクールへの通学する方法に加えて様々な学習法を見つけることが出来るのです。

ひとつはオンラインで行う学習法です。
これはインターネット上でこのようなサービスを行うサイトに登録することによって、海外に住む講師からビデオチャットを通して、英語を学べるシステムとなります。
一回のレッスンにつき料金発生するサービスが多いため高い授業料を事前に支払う必要がありません。

時間帯も時差を活用することによって、深夜でも学習することが可能なので、気軽に英会話を始めたい人に人気になっています。
また、このようにビデオチャットの機能を利用した言語交換コミュニティも注目を集めています。
これは中級以上の英会話スキルが基本的の求められますが、インターネット上に存在するこのようなコミュニティのメンバーになることによって、英語圏に住む日本語を勉強したい人とお互いに教えあうというものです。

現在は通信技術の発達により、ビデオチャットなどの機能を活用すれば、無料でこのような学習をすることが出来るのです英顔話のように会話を学ぶことは、それだけでコミュニケーションの輪が広がっていく時代になったのです。

宮崎市の塾の有益性の紹介です。

川口市周辺の保育園の情報を公開しています。

宮崎市の塾の口コミ情報を掲載しています。

ipadの教室情報選びをサポートするサイトです。

赤ちゃんが寝ないの情報をお知らせいたします。

https://job.tsite.jp/job-offer/detail/9462?fe=24

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5389913.html

https://m3q.jp/t/403

関連リンク

  • タイトル21

    大人から子どもまで、英会話を学ぶ人は多いです。学習方法は、人それぞれ違い、教室に通ったり、通信教育を受けたりする人から、映画やドラマを楽しみながら英会話を覚える学習法の人まで様々なものがあります。...

  • タイトル22

    国際化やグローバルに活躍できる人材の育成に力を入れるようになっています。そのために幼いころから外国の文化や言葉に触れさせたいと考える親御さんは増えており、教育を一般的な学校だけでなくインターナショナルスクールで受けさせたいと考える人が増えています。...