英会話教室の種類について

オリジナル見出し01

現在小学校でも英語の授業がスタートしています。


学習に遅れまいと子供を英会話教室に通わせている親御さんも多いかと思います。

しかし、巷には多くのタイプの教室があり、どれに通わせたらよいか悩んでいる方も多いと思います。
ここでは英会話教室の種類について紹介したいと思います。

種類としては3つあります。


1つ目は、「店舗型スクール」です。

駅前などにあるスクールのように、生徒が教室へ通いレッスンを受けるタイプです。


店舗型スクールでも2つのタイプに分かれるので、そちらも紹介します。

「グループレッスン」、店舗型スクールで一般的なレッスン方法です。

ほかの生徒と一緒になり、授業を受ける形式です。
仲間と一緒に英語を学ぶことができます。


もう一つは「マンツーマンレッスン」です。


講師と生徒が1対1でおこなうレッスン方法です。

プライベートレッスンとも呼ばれることがあります。グループレッスンに比べ授業料は非常に高くなります。


2つ目は、「オンラインレッスン」です。

オンラインレッスンとは、インターネットを利用し英会話を学べる方法です。
申し込みやレッスンの予約、さらには授業まで行うことができます。
3つ目は、「英会話カフェ」です。

カフェや喫茶店で、外国人講師1人に対し、3〜4人の生徒でおこなう形式です。

特に教材などはなく、フリートークによる形式が多いです。

教室のように高い受講料など必要がなく、低料金で勉強できるのが英会話カフェの特徴です。


英会話教室の種類について説明しましたが、今回は選ぶポイントを紹介したいと思います。
広告だけで判断して決めるのはあまり良い方法ではないので、次のポイントを押さえて決めるようにしましょう。
1つ目は、「場所」です。
レベルが高いからと言って遠くにある英会話教室に通うのはやめましょう。
通いやすく面倒にならない場所を選びましょう。
2つ目は、「授業形式」です。
グループレッスン、マンツーマンレッスンとう形式が様々です。自分の、性格等を重視して決めるようにしましょう。

3つ目は、「講師」です。

講師の種類もいくつかあります。


担任制をとっていたり、講師を選べる選択制であったり、ランダム制であったりします。
こちらも授業形式同様、自分の性格等を重視し決めましょう。


また、講師は外国人なのか、日本人なのか、レベルによって変わるのかどうかも重要です。

日本人講師の場合、日本語で説明してしまうことも多いので、できれば外国人講師のほうがよいでしょう。4つ目は、「レッスン日」です。

レッスン日が曜日・時間等固定されているのか、それとも自分の都合のよいときにレッスンを受けられる、予約制なのか確認をしましょう。

5つ目は、「契約内容」です。

レッスンを急きょ欠席しなければならない場合、振替が可能なのか。また、何らかの理由で通えなくなった場合、途中で解約することができるのか、未受講分は返金できるのかを、英会話教室に通う前に必ず確認するようにしましょう。

















関連リンク

  • タイトル21

    国際化が進む現代社会では、英語の必要性は高まって行く一方です。ですが日本の学校の教育システムでは、ほとんどの場合、大学まで進んだ所で、英語を身につけるレベルには達する事が出来ません。...

  • タイトル22

    有名人や帰国子女が通っていることで知られているインターナショナルスクールは、日本における外国人向けの教育機関です。運営している団体はさまざまですが、キリスト教系の団体や海外の大学が運営していることが多いようです。...