インターナショナルスクールが素晴らしい理由と注意点

オリジナル見出し01

国際化が進む現代社会では、英語の必要性は高まって行く一方です。
ですが日本の学校の教育システムでは、ほとんどの場合、大学まで進んだ所で、英語を身につけるレベルには達する事が出来ません。何故じゃら学問という一面だけでしか英語に触れていないため、活きた英語には程遠い習得レベルとなってしまうのです。

とはいえ子を持つ親としては、将来に向け、活きた英語を身につけさせたいと考えるのは、自然の願いです。そういった子供に育てたいのなら、インターナショナルスクールに通わせるべきです。


インターナショナルスクールに通う利点は、何と言っても英語が身につく事です。

何しろ普段からネイティブな英語に触れ、英語で教育を受けるので、自然と活きた英語が使えるようになります。



しかもインターナショナルスクールは、基本的には外国の子供達を想定し、授業を行う学校です。
そのため、様々な国の様々な環境で育った子供達と触れ合い、国の違いや文化の違いを、小さい時から感じる事が出来ます。

俗に言う、国際感覚を身につける事にも役立てる事が出来るのです。こうして国際感覚を身に着けておけば、将来、海外に留学したり、海外の有名大学に進んだり、海外で働くという選択肢へと繋がります。



その子の将来の可能性を広げるという意味でも実に重要な役割を果たしてくれます。しかも異なる文化に触れるという事は、同時に日本の文化を見直すという機会にも繋がります。


そして日本の文化の素晴らしい部分にも気付き、将来、海外に進出した時に、日本文化の素晴らしさを伝える担い手となる事も期待出来るのです。

ただしこういったインターナショナルスクールを探す前に、気を付けなければならない事があります。それは例え、中学課程レベルのインターナショナルスクールに通ったとしても、スクールによっては中学卒業と認められない場合があるという事です。



これは、義務教育として認められるインターナショナルスクールとそうでないスクールとがあるために起こる事です。



なので学校選びの際には、その辺りをきちんと確認すべきです。



娘が生まれ、日々育児に奮闘しています。私自身、大学時代に1カ月の留学をしましたが、ほとんど英語が話せません。


英語が話せれば、もっと世界が広がると思いつつ、重い腰は上がらず、そのままです。



娘にとって良い環境は何か、と考えインターナショナルスクールについて調べ始めました。

インターナショナルスクールへ通わせれば、語学は身に付くと思います。



でも、地域の友人はできないため、放課後に遊ぶ、といった自分が経験したような学生生活は送れないと思います。
また、インターナショナルスクールに通うということは、保護者の語学力も必要なところが多いようです。

毎日を楽しく過ごし、将来に役立つ知識を身につけることができる環境は魅力的です。
でも、周りにインターナショナルスクールへ通学させている人がいません。


費用や制度についてもそうですが、私のような「興味はあるけれど、どうなんだろう?」という気持ちの人にとって正規の説明会に参加するのは敷居が高いと感じます。

いろいろなインターナショナルスクールの比較がされている説明会があれば参加してみたいです。



Aスクールの特色は〜、Bスクールのポイントは〜、といろいろ知れて、費用についても比べて見れるといいのですが。これからの時代、英語力は必要不可欠になると思います。
日々の生活の中で英吾を身に着けることができれば、語学勉強以外のことに時間を使えると思います。

娘にとってより良い人生になるよう、最良の選択をしたいです。

まずは正確な情報収集から始めようと思います。

関連リンク

  • タイトル21

    国際化が進む現代社会では、英語の必要性は高まって行く一方です。ですが日本の学校の教育システムでは、ほとんどの場合、大学まで進んだ所で、英語を身につけるレベルには達する事が出来ません。...

  • タイトル22

    有名人や帰国子女が通っていることで知られているインターナショナルスクールは、日本における外国人向けの教育機関です。運営している団体はさまざまですが、キリスト教系の団体や海外の大学が運営していることが多いようです。...