求められ英会話力とは

オリジナル見出し01

日本企業ではあまり必要ではありませんが、外資系企業では英会話は必須です。
では、外資系企業で求められる英語力とはいったいどのような力なのでしょうか。


外資系企業では特にスピーキングを重要視します。取引先が英米企業なら、経営者は英語がネイティブなのが多いです。
ネイティブでなくとも、準英語圏出身者、早期留学経験者がほとんどなので集中しないと理解することが難しいです。


円滑に英語での業務を進める為に最低限の英会話が出来なければなりません。

外資系企業が求めるのは、学歴でもTOEICの成績だけでもなく、実際に仕事上で支障なくコミュニケートできる英語力です。

TOEICの点数が高くても話せなければ仕事を円滑に進めることが出来ません。

学歴も大切ですが、話せる。
コミュニケートが取れることが社会では重要視されるのです。上司が外国人であったり社内メールも英語であることもあります。
必要最低限の英語力を身につけ読むことも書くことも出来るようにしておく必要があります。
外資系企業に進みたい方は学歴も大切ですが話すことも出来なければいけないのです。
企業によっては求める部分は違いますが、現場で使える力を身につけることで円滑に事を進めることが出来ます。


英語力を取得することでビジネススキルは大きく上がります。得た力を効率よく発揮するには使わなければいけないのです。英語は話すことで本来の力を発揮すことが出来ます。英会話でコミュニケートを取ることが社会で求められる力なのではないでしょうか。


学生に求められる英会話とは、学校教育では文法を習います。日本では文法が完璧な学生は大勢います。
しかし、リスニングやスピーキングを習得している学生は低下傾向にあります。
文法を理解するのはとても大切です。
しかし、現場で求められるのは話せる力です。
教育の中にリスニングやスピーキングの授業が少ないことであまり重要視されていません。どの国でもそうですが話すことでコミュニケーションを取る事ができます。


いくら書く力が身についても話せなければ宝の持ち腐れです。
話せないと会話は成立しません。
では、話す力を付ける事でこの問題は解決します。

ではなぜはす力が育たないのか、日本では外国語に触れる機会が少ないからです。


学校で学んだ英語を使う場所が少ないことです。教育の中に英語で話す時間がないからです。
英語だけでなく繰り返し使うことで早く習得できます。この繰り返し使うことをしていないのです。


今の学校教育は進学のことを考え授業が作られています。

ではこの教育の中に取り組む事は今の教育要領では難しいのです。

極端に時間が足りません。


一部の学校では取り組みが始まっていますが、英語の時間は日本語ではなく全て英語で授業をする学校もあります。英語を身近に置くことでリスニングやスピーキングの力を付けようといった教育が始まっています。グローバル社会の現在では外国語を話せるのはステータスになります。

英会話の授業をすることで生徒に英語に親しみを持ってもらおうと動いています。
注意しなければならないのは、学んだ力を活かせる現場が少ないことです。この問題を解決するには中学、高校の教育だけでなく小学生の時から英語に触れることで話す力である英会話と英語力は向上していきます。

















関連リンク

  • タイトル21

    国際化が進む現代社会では、英語の必要性は高まって行く一方です。ですが日本の学校の教育システムでは、ほとんどの場合、大学まで進んだ所で、英語を身につけるレベルには達する事が出来ません。...

  • タイトル22

    有名人や帰国子女が通っていることで知られているインターナショナルスクールは、日本における外国人向けの教育機関です。運営している団体はさまざまですが、キリスト教系の団体や海外の大学が運営していることが多いようです。...