インターナショナルスクールの実態

オリジナル見出し01

有名アーティストや帰国子女、ハーフタレントなどが多く卒業したことで有名なのが、インターナショナルスクールです。

その名前の通り、日本に住んでいる外国人を対象とした教育機関のことで、小学校相当、中学校相当、高校相当のものがあります。



保育園や幼稚園に相当するものは、それぞれプリスクール、キンダーガーデンと呼ばれており、インターナショナルスクールに付属している場合もあります。

大学は、そのまま外国の大学へ通う子どもがほとんどのようです。

日本の大学へ入学したい場合は、いわゆる大検を取得したり、インターナショナルスクール卒業者へ門戸を開いている日本の大学を選ぶ必要があります。



これは、インターナショナルスクールが日本の法律で定められている学校ではないからです。

もしも、高校や大学から日本の学校へ通わせたいと考えている場合はこの点に大きな注意が必要です。
転勤などがある可能性があれば、単身赴任や子どもの寮生活などを検討する必要があるでしょう。


実際、子どもへ望む教育を受けさせたい一心から引越しをする家庭も少なくありません。

インターナショナルスクールへ通うということは、それくらいの覚悟が必要ですし、英語教室へ通うのと同じような気持ちで通おうとするのは危険です。


しかし、入学すれば、学校独自の高度なカリキュラムによる教育を受けることができますし、インターならではののびのびした校風で子どもは成長していくことができます。



英会話スクールに通う人には目的があり、ビジネススキルを身につける為の人もいれば、海外旅行で話せるようにする為など様々な目的があります。

その中でも時間が限られていると言う人も多いがその中から自分にあったスクールを探すことによって限られた時間でも確実に英語力を身につけることが出来ます。
限られた時間で確実に英語力を身につける為には、注意しなければならないことがあります。上記にも書いてありますが目的と時間です。


短期で会得するのか長期にわたり会得するのか。



そして何の為に英会話スクールに通うのかです。スクールに通うにはお金と時間かが必要です。



自身に合ったスクールを見つける事で有意義に過ごせます。



そうする事で今までとは違った自身に出会えることです。

英会話スクールで身につけた英語力を実際の現場で活かせるようにサポートしてくれるところたくさんあります。
外国人講師がいるスクール、マンツーマンで指導してくれるスクールなどスクールにも様々な種類があります。

自身のレベルに合ったスクールを選択することで確実に上達することが出来ます。

国際社会の今、外国語スキルはとても大切です。

今、英会話スクールに通う人は多くいます。


自身が持っている語学力のスキルアップ、英語を覚えたい。



覚えた力を現場で活かせるように自身に合った英会話スクールを見つける事でその人たちと差をつける事も可能です。


ただ、注意しなければいけないのは明確な目標と限られた時間をどう設定するかです。この二つをしっかり設定することで確実に英語力は身につきます。



関連リンク

  • タイトル21

    国際化が進む現代社会では、英語の必要性は高まって行く一方です。ですが日本の学校の教育システムでは、ほとんどの場合、大学まで進んだ所で、英語を身につけるレベルには達する事が出来ません。...

  • タイトル22

    有名人や帰国子女が通っていることで知られているインターナショナルスクールは、日本における外国人向けの教育機関です。運営している団体はさまざまですが、キリスト教系の団体や海外の大学が運営していることが多いようです。...