インターナショナルスクールで語学が好きに

オリジナル見出し01

最近では英語の勉強をする年齢も引き下げられて、とても語学が注目されてきましたよね、オリンピックに向けて勉強をするといった人もいらっしゃるでしょう。



しかし、一人で英語を勉強するとなると、とても大変ですよね、学校で覚えるにしても、学校だけでは付いていけなかったりして、挫折してしまうなんて人も少なくないかもしれません。
しかし、インターナショナルスクールでは楽しみながら語学を勉強することができます。

語学はそのまま詰め込んだとしてもなかなか覚えることはできません。
楽しみながら覚えることによって、語学は上達していくのです。
しっかりと語学学習をするためにもインターナショナルスクールは必要です。



インターナショナルスクールなら単語や熟語の勉強はもちろん、それぞれの国の人が生きた言語で教えるので、単語は分かってもリスニングは苦手という人にもお勧めです。



英語の勉強に挫折してしまったという人にもしっかりとレベルに合わせた勉強を教えてくれるので、挫折した人もしっかりと勉強しなおすことができます。


これからの国際社会を生きていくために、いまから語学を学習していくのはとても大切です。
語学が苦手という人でも、インターナショナルスクールに通えばきっと語学が好きになるはずなので、入学してみてはいかがでしょうか。インターナショナルスクールならしっかりと楽しく勉強することができるので、きっとあなたも語学が好きになるはずです。
日本にあるインターナショナルスクールとはそもそも外国人が日本で子どもを育てる場合、もしくは、子どもがハーフなど外国籍を持つ子どものための教育を行う学校です。



そのため学校内での共通言語は英語になり、授業もすべてが英語で行われます。



日本の義務教育とは認可されていないため、日本国籍を持つ子どもがインターナショナルスクールに通うことはできません。ですので、将来日本の大学を受験したい場合には大検を受けなければならないこともあります。


ただ、最近では自分の子どもをバイリンガルに育てたい多くの親が子どもをインターナショナルスクールに通わせることが多いようです。



幼稚園から併設されている学校も多いため、小学校前から入学することも可能で、英語のレベルによっては年齢より低い学年に入れられることもあるため幼稚園(プリスクール)から通わせることが多いようです。



あと、最近では英語だけではなく中国語が話せるようにと中国系のインターナショナルスクールにも日本人が多く通っています。
子ども将来のことを考えて語学でつまずかないようにと通わせるケースが多いのですが、10代の学校で過ごす時間や影響力はとても大きいため、ご自宅での日本語の教育や日本の文化の躾がとても大事になります。



海外転勤の多いご家族などには、子どもが言語が理由で勉強が不自由にならないようにインターナショナルスクールを選ぶケースもあります。
子ども本人だけではなく、各種イベント等で親御さんの出番もあるため親御さんも語学ができる、ということがまた条件になると思います。

関連リンク

  • タイトル21

    国際化が進む現代社会では、英語の必要性は高まって行く一方です。ですが日本の学校の教育システムでは、ほとんどの場合、大学まで進んだ所で、英語を身につけるレベルには達する事が出来ません。...

  • タイトル22

    有名人や帰国子女が通っていることで知られているインターナショナルスクールは、日本における外国人向けの教育機関です。運営している団体はさまざまですが、キリスト教系の団体や海外の大学が運営していることが多いようです。...