聞くだけで英会話が身につくとは

オリジナル見出し01

聞くだけで英会話が身につくというのは、実際にあります。



日本語と英語では喋るリズムやテンポが違うからです。

聞くことで発音やトーンの違いなどを感じることが出来ます。聞くだけでは完璧に身につくといったわけではありません。

集中して聞くこと、そして聞いた英語を話す、これの繰り返しなのです。


反復して覚えることで身体に覚えさすのです。
聞いた英語を日本語に直してまた英語にして話す。これの繰り返しで早く覚えることが出来るのです。ただ聞いているだけでは覚えるの難しいが聞いた英語を話すことで覚えることが出来ます。
注意して欲しい点は短期間で身につくのではなく長期間になることです。
時間に余裕がある方にはとても有効です。

短い時間でも聞くことで理解することが可能なので忙しい方にはとても良いのではないかと思います。



英会話を習いたいがスクールに行く時間がない方にはとても良いのではないかと思います。

料金も安く通勤時間の合間や自宅で習えるのが良い点です。
聞くだけで英語力が身につくのは、時間はかかりますが自身のスピードで覚えることが出来るので時間に追われることもありません。

プライベートの時間を取ることも出来ますのでゆっくり覚えたい方にお勧めです。この聞くだけで英語力が身につくのは、自身が理解することがとても大切です。



理解しなければ覚えることが出来ないからです。
理解し話すこの二つが聞くだけで英会話が身につくことの一番の大切なところです。

英会話を学ぶ目的とは何でしょうか。


海外旅行に行って英語を話せることもその一つです。



英語で仕事ができることもその一つです。

国際社会に通用する話の中身が求められます。
学ぶだけでなく、海外へ出掛けると英語で生活することを余儀なくされます。

持ち合わせの単語を並べて自分の意図を伝えなければならなくなります。その経験が自信につながります。英語に限らずことばはそれぞれの地域の文化と密接な関係があります。
例えば、日本語では多くの場合、主語を省略します。



英語では、まず冒頭で主語を示さなければなりません。
主語が無いと命令文になってしまいます。


また、質問を受けたときは、初めにYes、Noで答えることになります。


英語を使う場では、いつも自分の意志をはっきりさせることが求められます。
以心伝心のなあなあが通じないのです。


黙っていては無視されるだけに終わり、何のための海外体験か分からないことになります。反面、必要に迫られれば、そして真剣に取組めば意外に道は開けるものです。



ビジネスの世界では、英会話はできて当り前、もう一つの外国語を使えるかどうかが課題の時代です。



注意しなければならないのは、ただ学ぶだけではなくその後実用可能にしなければならないところです。



英語を話すことは英語で考えることです。

英会話を学ぶ目的は、英語の異文化を身に付けることと云ってよいかもしれません。

ことばの置換えでは済まない価値観の違いが国際社会にはあるように思います。


なので明確な目的を立て取り組む事で外国語は活きていきます。

関連リンク

  • タイトル21

    国際化が進む現代社会では、英語の必要性は高まって行く一方です。ですが日本の学校の教育システムでは、ほとんどの場合、大学まで進んだ所で、英語を身につけるレベルには達する事が出来ません。...

  • タイトル22

    有名人や帰国子女が通っていることで知られているインターナショナルスクールは、日本における外国人向けの教育機関です。運営している団体はさまざまですが、キリスト教系の団体や海外の大学が運営していることが多いようです。...