インターナショナルスクール入学について

オリジナル見出し01

有名人や帰国子女が通っていることで知られているインターナショナルスクールは、日本における外国人向けの教育機関です。運営している団体はさまざまですが、キリスト教系の団体や海外の大学が運営していることが多いようです。



教育レベルにもさまざまなものがありますが、長年歴史を重ねて来たインターナショナルスクールは行われている教育も高度であり、入学試験も非常に難しいことで知られています。


軽い気持ちでインターナショナルスクールに通わせようとすれば、大変なことになってしまうと覚えておきましょう。


入学するためには、学校が定める条件がいろいろとありますので、気になっている学校の願書をあらかじめ取り寄せておきましょう。

両親にネイティブなみの外国語を求める学校もあります。



入学試験は、面接、筆記試験両方が行われることがほとんどです。
入学希望の子どもは、ネイティブなみか、それに近いくらいの外国語スキルが求められます。
いずれインターナショナルスクールに通いたいと考えている場合は、幼い頃から外国語のレッスンを続けることが重要です。

また、その時々によって募集人数は大きく変わります。
入学したい年度に空き人数がない可能性もあります。



インターナショナルスクールは日本在住の外国人向けの教育機関なので、外国人が優先されるためです。



いくつかの学校をリストアップしておくほうが安全です。通うことになったら、学費の問題が出てきます。



途中学費が払えずに通えなくなった、ということがないようにしましょう。日本におけるインターナショナルスクールとは、主に日本在住の外国人向けの学校のことを言います。しかし、空きがあり、学校側が了承すれば日本在住の日本人であっても試験をパスして通うことは可能です。



授業は原則外国語、とりわけ英語で行われるため、英語力が入学時点で一定レベル以上でなければ授業についていくことすら難しいでしょう。
それでも、カリキュラムの内容や自由な校風、多彩な国籍の人と触れ合えるメリットなどを求めてインターナショナルスクールに受験させようとする親は決してすくなくありません。


実際にインターナショナルスクールに通う際の壁となるのは、日本の法律で定める小学校、中学校ではないため、日本の高校の入学資格がないことです。

これは、高校と大学についても同じで、インターの高校を出ても日本の大学に入学する資格はありません。



そのため、インターナショナルスクール出身者は海外の大学へ行く人が多いのです。
とはいえ、これは近年見直しが進み、インター出身者であっても日本の高校や大学に通うことは100%無理とは言えない状況になりつつあります。

インターは非常に学費が高いことでも知られています。


日本の学校は政府から補助金が出ているため安い学費で運営されていますが、インターナショナルスクールはそうではないため、学費は一年間で数百万円かかることもあります。



大学まで英語圏のところへ行けば、数千万円もの学費がかかることになります。

関連リンク

  • タイトル21

    国際化が進む現代社会では、英語の必要性は高まって行く一方です。ですが日本の学校の教育システムでは、ほとんどの場合、大学まで進んだ所で、英語を身につけるレベルには達する事が出来ません。...

  • タイトル22

    有名人や帰国子女が通っていることで知られているインターナショナルスクールは、日本における外国人向けの教育機関です。運営している団体はさまざまですが、キリスト教系の団体や海外の大学が運営していることが多いようです。...