英会話のスキルを生かして仕事を選ぶ

オリジナル見出し01

英語はもはやだれもが知っている語学です。

小学校から授業で教えているところもあります。

英語が得意な方、将来英語を使った仕事をしたいと思っている人もたくさんいます。英会話の能力を使ってできる仕事の種類をいくつか紹介したいと思います。
1つ目は、「通訳」です。


通訳は同時通訳と逐次通訳、2種類に分けられます。


同時通訳は、話をする人のは話を聞きながら同時に声を出し通訳をします。逐次通訳は話をしている人が話の途中でストップしながら通訳を行うことを言います。通訳はそのほかにもビジネス通訳など、英会話能力が非常に求められる仕事です。
2つ目は、「翻訳」です。

翻訳は原文の内容を正しい表現に訳す仕事です。

翻訳の仕事は、出版物などを手掛ける「文芸翻訳」、映画や海外ドラマに字幕を入れる「映像翻訳」、企業の契約書・報告書やITや医療文書を翻訳する「実務翻訳」に分けることができます。


3つ目は、「通訳ガイド」です。

観光やビジネスで日本を訪れている外国人に付き添って、ガイドや通訳をします。政府などが招待した外国人の案内も行っています。
博覧会や、視察、研修等活躍の場が現在増えてきています。


4つ目は、「教師」です。
教員資格免許を取得すれば、教師になることができます。

5つ目は、「貿易実務者」です。
輸出入の手続きなどの貿易の実務をおこないます。
マーケティング調査や、契約交渉、保険や通関手続きなど、英会話を駆使し行います。英語の勉強は皆さん、苦労したと思います。

中学校や高校で勉強して以降まったく、しゃべっていないという人も多いでしょう。
いざ、しゃべろうと思ってもしゃべれないと思います。
中には、英会話学習を始めたいと思っている人もいるでしょう。

ここでは効果的な英会話上達方法を紹介したいと思います。まず、「オンラインで学習する」です。

Skypeなどを利用した学習方法です。
この方法のメリットは、教室に通う必要がなく、都合の良い時間帯でレッスンができることです。

デメリットは、通信の状況で中断されてしまうことがあることです。
次に、「英会話スクールに通う」です。
駅前にある教室に通ったりすることです。
この方法のメリットは、ネイティブの講師の為、英語で会話、勉強ができることです。


デメリットは、教室に通う手間がかかったり、料金が高いことです。
また、グループレッスンが多いため、一人に対しての交流時間が短い点です。

次に、「教材を使用する」です。

出版社からでている教材を使う方法です。
この方法のメリットは、効率よく学習が進められることです。

デメリットは、内容や値段もバラバラでそれぞれに特徴があって、自分に合ったものを選ぶのに大変なことと、自分の努力次第になってしまうため、継続する意思が必要なことです。


また、お金をかけずに英会話が上達する方法としては、テレビの語学番組を見るのも一つの手です。

レベル別の講座がありますので、便利です。

















関連リンク

  • タイトル21

    国際化が進む現代社会では、英語の必要性は高まって行く一方です。ですが日本の学校の教育システムでは、ほとんどの場合、大学まで進んだ所で、英語を身につけるレベルには達する事が出来ません。...

  • タイトル22

    有名人や帰国子女が通っていることで知られているインターナショナルスクールは、日本における外国人向けの教育機関です。運営している団体はさまざまですが、キリスト教系の団体や海外の大学が運営していることが多いようです。...